【木ゴコロアーカイブ】2017.04~2017.06

更新日:5月26日

ご覧いただいているこのページは、2017年4月~6月に更新された木心ブログの総集編となっています。

今日までの木心ブログを、どうぞお楽しみください。


 

旬のイチゴ


苺をいただきました。 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市で収穫された苺です。 苺は冬から春にかけて栽培収穫されますが、 もともと露地栽培では4月や5月が旬にあたります。 とても甘く美味しい苺でした。


 

梅から桜


つい10日前まではこんなにきれいな花を咲かせていた梅の木ですが、 いまではすっかり花は萎れてしまいました。 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では朝晩の冷え込みはまだまだ厳しいです。 しかし、本日のような快晴の天気が続くと、 どんどん明るい季節に近づいているのが実感できます。 梅見から花見の季節へ移り変わっていきます。 早くお花見がしたいですね。


 

関西農業ワールド2017


関西農業ワールド2017に参加しました。 第1回次世代農業・農業資材・6次産業化EXPOの 初日ということで、 外は閑散としているように見えますが、 中は熱気に溢れていました。 様々な企業の一押し商材が集まったこのような催しは、 行くと刺激をもらいます。 この刺激や得た情報を木心ファームに活かしていきます。


 

桜2017


兵庫県加東市にある木心ファーム「アグリらぼ」の空は 朝から曇り空で、現在は雨が降っています。 こんな天気の中ですが、桜の花が咲きました。 昨日まで少しずつ開花してきていましたが、 朝からの温かい風のおかげか、七分ほどのつぼみが開いています。 アグリらぼが始まってから2度目の春。 これまで、多くの方にアグリらぼ産のレタスを召し上がっていただいてきました。 これからも、さらに多くの方に召し上がっていただけるように精一杯活動したいと思います。


 

136歳の誕生日


さて、今日は何の誕生日でしょうか。 木心ファームだけでなく、 農林水産業の方や一般消費者にとっても関わりのあるあの組織です。 今日は、農林水産省の誕生日です。 1881年の4月7日に、農商務省が設置され、そこから現在の農林水産省へと推移したそうです。 なかなか農林水産省などの省庁のホームページなどは覗かれないと思いますが、 その中の統計情報などは、見てみると結構楽しめます。 お誕生日祝いに一度訪問してみてはいかがでしょうか。


 

桜と曇り空


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では 先週末より桜の見ごろを迎えています。 しかし、空模様は良くありません。 そんな中でも、雨が降っていないのを幸いと、 人々が花見をしている光景を目にすることがありました。 一年に一時の、このいっせいに広がる桜色をみんな楽しみにしていたのでしょう。 今年は雨の中咲いた桜でした。 雨の中でも桜は咲きます。 困難な状況でも、自分自身がしっかり前に進んでいれば、 花を咲かせることが出来るということを教えてくれているのかもしれません。 木心ファームも皆様に期待されるような花を幾度も咲かせられるように、日々精進していきます。


 

光る桜?


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市は今日も優れない空模様です。 強めの雨が降り続いています。 空が暗いと、せっかくの桜もぱっとしない写真となってしまいました。 写真ではこのように暗くなってしまいましたが、 実際に目にすると、鮮やかな桜色で光っているようでした。 雨の中で光っている桜を見るのも趣があっていいかもしれません。


 

桜の花もきれいですが


兵庫県加東市にある木心ファームでは 大根の花もきれいです。 小さいからと放っておいた大根が花を咲かせました。


 

花と花


兵庫県加東市にある木心ファームで咲いていた 畑のエンドウの花と 神戸市西区にて見つけた花壇の花 どちらも綺麗です。 気分によってどちらが好きか変わりそうです。 皆様は今、どちらが好きですか。


 

椎茸の旬


皆が桜桜と盛り上がっている中、 兵庫県加東市にある木心ファームの片隅で、 こちらも続々と出来てきています。 露地での椎茸の旬はまさに今です。 雨が降ると、驚くべき勢いで大きくなります。 桜流しの雨も椎茸にとっては恵みの雨です。


 

春を呼ぶ鳥


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市で ここ数日で見られるようになってきたものがあります。 それは… ツバメです。 遠くからの撮影で見づらいですが、ツバメが飛び回っています。 朝早くにツバメのさえずりで目が覚めるようになり、桜に引き続いて春を感じます。


 

桜吹雪


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では 桜の花は散ってしまいました。 しばらくは桜の花道が出来ており、きれいでしたが、 昨日の豪雨で流されてしまいました。


また、来年を楽しみにします。


 

は  る    か


前回の木ゴコロマルシェin神戸ギャラリーで人気だったはるか。 はるかの切り方というのがあり、 アグリらぼのスタッフが、切ったものを持ってきてくれました。 ヘタをとってみたところ ばらばらになったところ。 真ん中の芯に種が集まって食べやすいということでしたが、 少しだけは種は周りについていました。 今回のはるかはとても甘く、前回のはるかよりも甘かったです。 ごちそうさまでした。


 

うめのみ


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市は とても過ごし易い晴れの日です。 そんなお天気の中、梅の実がたくさん成っているのを見つけました。 今日まで実が出来ていることに気付かなかったので、 急にたくさんのボールを目にして、一瞬、何かなと考えてしまいました。


 

長い名前の道の駅


兵庫県にあるフルーツフラワーパークに 道の駅、野菜の販売所が出来たのをご存知でしょうか。 木心ファーム「アグリらぼ」からは、車で25分ほどの距離にあります。 本日、視察に行ってきたのですが、 園内では現在チューリップが見頃でした。 「道の駅神戸フルーツフラワーパーク大沢(おおぞう)」 は3月30日にオープンしたばかりでとてもきれいでした。 都会的であり、尚且つ牧歌的な部分を持たせた洗練されたデザインの建物の中で、 スタッフの皆様も明るく元気に接客されていました。 このGWの行楽先を検討中の方は候補に加えてみてはいかがでしょうか。


 

雨が降っても


昨日訪れたフルーツフラワーパーク内には 木心ファーム「アグリらぼ」と同じ、人工光型の植物工場があります。 棚の間に見えているのはレタスとサンチュ。 パーク内のレストランで消費されているようでした。 他にもバラの水耕栽培など、興味深い取り組みをされていました。 様々な試験をされているのを見ることが出来、刺激になりました。


 

しゅうねんと研究


昨日バラの水耕栽培がされていたと当ブログでご紹介しましたが、 写真ものせておきます。 まさにバラです。 倒れているものもありました。 このように実験を100年も続けている組織がありました。 理化学研究所が100周年を迎え、昨日、大々的にメディアで報道されていました。 理化学研究所は神戸にも重要な拠点があります。 神戸港開港150年、兵庫県建築会70年、加西市制50年、そしてついに100年がきました。


 

制震体験


先日、耐震+制震体験をする機会がありました。 4月22日、23日と兵庫県三田市のフローラ88のホールで開催されていた、 株式会社平尾工務店による「春の新築・リフォームフェア」にそれはありました。 再現された床に上ってイスに座り、揺れが始まって少ししてから 制震装置を作動させるとほとんど揺れていない感覚でした。 とても貴重な体験をさせていただきました。 御担当の方に話を伺って、 技術の進歩は、コストの削減やそれを広めようとする人々の おかげで広がるのかもしれないと思いました。 実はこのイベントのスムージーの振る舞いに 木心ファーム「アグリらぼ」産のレタスが使用されていました。 多くの方に飲んでいただきました。


 

小さい花


4月に見つけた花達。 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市の周辺でもたくさんの花が咲いています。 草木も花も元気な季節。ヒトも元気な季節。 行楽日和のゴールデンウィーク。皆様も良い休日をお過ごし下さい。


 

色とりどりの花


前回のブログ記事にて 木心ファームや加東市周辺で見られる花をいくつか紹介しましたが、 この長期休暇で花を満喫する施設に行く機会があり、 見たこともない花を含めた多くの種類の花を見てきました。 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市の隣、 三木市にあるネスタリゾート神戸内にそれはあります。 数多くの花々がきれいな色合いで植えられていました。 ライトアップされたらさらに綺麗だろうなと思います。 これを実現するためには多くの人の力が必要だったはずです。 人々に感動を提供する仕事のやりがいと大変な苦労を感じ、 業種は違えど、わたし達もそのような仕事が出来れば良いなと思いました。 皆様はどのようなゴールデンウィークを過ごされましたか。


 

玉ねぎ坊主


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市は 今日は曇り後雨。これから雨が強まる予報ですが、 雑草が嬉しそうです… 写真は昨日撮ったものですが、露地栽培の玉ねぎも大きくなってきました。 そして東条ネギは葱坊主をつけていました。 葱坊主をてんぷらにして食べることもあるそうですが、 ここまで開いていてはおいしくなさそうです。


 

先手必勝?


兵庫県加東市にある木心ファームの梅の実です。 梅の実はちょっとしたことですぐ落ちてしまうので、 落ちる前にシートを敷いて、 一網打尽にしてしまいましょう。


 

あやめ


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では、 菖蒲(あやめ)が、ここ数日で花を咲かせています。 なんとも妖艶な花です。 菖蒲の字は「あやめ」とも「しょうぶ」とも読みますが、 アヤメとショウブは別物です。


 

「アジサイの毒」


梅雨時期に見ごろを迎えるアジサイですが、 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では アジサイが元気一杯その花を咲かせる準備をしています。 アジサイに毒があるのは有名ですが、 未だに毒性成分が明らかにされていないそうです(厚生労働省サイトより)。 身近にあるのに解明されていないことは意外とたくさんあるのかも知れないと思いました。 ネットで何でも情報を得ることが出来ると思うと、調べることさえ億劫になることがありますが、 答えがないという事を探すことが、重要なこととなっていくのかもしれません。


 

「ヒトノエンドウ」


兵庫県加東市にある木心ファームではエンドウが収穫期です。 きれいな花を咲かせて大きな実をつけてくれます。 手に乗せているのはヤハズエンドウ。 カラスノエンドウとしてよく知られています。 こちらも調理をすれば食べられるようです。


 

「すがすがしい5月の晴れの日」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では 良いお天気の日が続きます。 こんな日をどう表現するか。 「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉は、 人によって5月に使用するには違和感があるようです。 「さわやか」も秋の言葉ということで、抵抗感がある方もいらっしゃいます。 さわやかな五月晴れ。 言葉や言葉の使い方は時代と共に変わっていきます。 アグリらぼは皆様の食卓の定番商品を提供し続けたいと思っています。 そのためには、時代の流れにもついていかなくてはならないのでしょう。 皆様に変わらず御愛顧いただくために、変わり続ける。 アグリらぼも22日で竣工日より2年が過ぎます。 2年前と比べて良い方向に変われているでしょうか。 これからも初心を忘れず、変化に対応し続けることを快晴の日に誓いました。


 

鞘」


写真に写っている緑の物体は何でしょう。 兵庫県加東市にある木心ファームにて、 収穫せずに放っておいた大根が花を咲かせて、 それでも放っておくと実が生りました。 この実(鞘)、食べられるそうです。 調べてみて初めて知りました。 畑にはまだまだ知らないことがいっぱい詰まっていそうです。


 

コーヒーの光と影」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市でも 他の地域同様晴れの日と暑い日が続いています。 アグリらぼの外で休憩中に、 コーヒーの入ったペットボトルを太陽の光に透かして影を見ると キラキラしたものが現れました。 角度によって 光り方が変わって 面白い現象だなと感じました。 暑いといってもまだ5月、これが7月や8月となると こんなことを楽しむ余裕は無いでしょうね。


 

ゴーヤーズ」


今年もこの季節が、やってきました。 グリーンカーテンの準備です。 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市でも 暑い日が続いていますが、 本格的な夏に向けて、ゴーヤーを育てます。 ※昨年の本ブログでの記事では全て「ゴーヤ」と表記していましたが、 改めて調べてみると、どうやら「ゴーヤー」のようです。 お詫びして訂正致します。 過去の記事は全て訂正しています。


 

松の葉の菊」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では 松葉菊がひっそりと咲いています。 菊という名ですが、葉をみても分かるとおり、多肉質。 松葉のような葉なので松葉菊です。


 

カレー 肉じゃが ジャーマンポテト」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市は、 暑いくらいの日々が続いています。 先週、木ゴコロマルシェin神戸ギャラリー2017.5.26にて販売した新たまねぎですが、 収穫前の様子はこのようになっています。 葉の部分が倒れたら収穫して乾かします。 こちらはジャガイモ。 ポテトチップスのジャガイモが品薄だそうですが、 このジャガイモたちは、沢山なっているでしょうか。


 

葉の付き方」


アジサイを上からみると、どこか人工的に感じます。 葉っぱがきれいに十字について、しっかりと空に向かっているからだと思います。 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市は、 本日はとても暑く、夏が来るのが怖いくらいでした。 太陽光をしっかりと受け止めてアジサイはしっかり成長しています。 アジサイを見習って、蒸し暑い中でも背筋を伸ばしていきたいと思いました。


 

農作物って何のことでしょう。」


本日は農薬についての研修を受けてきました。 兵庫県加東市にある木心ファーム「アグリらぼ」は、 栽培期間中農薬不使用ですが、農作物を作るにあたって、 農薬については、知識として知っておかなければならないと考えております。 農作物の定義を改めて見ると面白いので紹介します。 農作物には栽培の目的や肥培管理の程度を問わず、 人が栽培している植物全てが含まれます。 つまり、自由研究のアサガオも、ゴルフ場の芝も、街路樹も農作物ということです。


 

巻き込まれる網」


ゴーヤーの近くにあるものは、 なんでも蔓の餌食になります。 すごい勢いで巻きつきます。 水遣りは欠かせませんが、成長が早くて見ていて楽しいです。


 

とんぼ」


木心ファームのある兵庫県加東市は 今日も夏の空のような良い天気。 昨夜の大雨で、畑での作業は困難でした。 この道具はとんぼ(レーキ)。 近づいて 見てみると、 … … とんぼですね。 とんぼのコラボレーションでした。。


 

サツマイモの植え付け2017」


先週金曜日に、兵庫県加東市にある木心ファームでは、 サツマイモの植え付けを行いました。 暑いくらいの良いお天気で、 空は夏みたいな空でしたが、 風が涼しく、 気持ちよく植えつけを行いました。


 

植え付け翌日」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市は夕方から雲が空に見えています。 昨日の記事の続きですが、 サツマイモの植え付け後に、 知らない方には意外に時間がかかると思われるであろう作業があります。 翌日の朝、一苗一苗に水をやります。 これだけ水遣りするのに一時間半ほどかかりました。


 

グリーンスープ」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市は、 昨日が梅雨入りとなりました。 本日も午前中は雨が降ったり止んだりしていましたが、 今では晴れ間も見えています。 このスープの材料はなんだと思いますか? 掬い上げると透き通ったような緑色です。 塩コショウを使用せずに、材料だけで濃厚な味に仕上げてありました。 答えはエンドウです。 木心ファームで取れたエンドウを大量に使用して調理されたものです。 おいしくいただきました。


 

黄緑と青」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では アジサイがいっせいに色づき始めています。 ツートンカラーです。 赤や桃色など様々なアジサイが見られます。 皆様のまわりのアジサイは何色ですか。


 

酢もも」


兵庫県加東市にある木心ファーム果樹コーナーに 今年初めて実がなった樹木があります。 スモモです。 酸っぱいから酢桃です。 どちらかというとさくらんぼに近いです。


 

新玉絨毯」


先日、兵庫県加東市にある木心ファームにて収穫した タマネギを乾燥させるべく台に並べると、台が狭く、敷き詰める結果となりました。 このまま新玉ねぎとして食べられますが、 吊るして乾燥させ、保存します。 昨年は病気にかかったようなものもいくつかありましたが、 今年は昨年のような症状もなく、しっかり収穫できました。


 

晴れが嬉しくも雨が恋しい」


兵庫県加東市にある木心ファームで育っている サツマイモですが… 現在 戦っています… 梅雨なのに雨が降らない… また、集中的に降ったりするのでしょうか。 豪雨ではなく、平均的にしとしとと降って欲しいものです。


 

和菓子のような」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市で見かけたカキノキに 柿の実がついています。 へたの部分が大きく、滑らかに見えて、 なんだかキレイな和菓子のように見えました。 この柿のヘタの部分は、漢方としても使用されるようで、 柿蔕(シテイ)といって、しゃっくりに効くといわれているそうです。


 

港の森の中の魚」


夜に撮影したので分かりにくいですが、 道路を挟んだ向かいに見えるオブジェは魚です。 神戸港、メリケンパークの一角にあります。 兵庫県加東市にある、木心ファーム「アグリらぼ」から車で1時間以内に行ける場所です。 この大きな魚付きのレストランのオープンは、レストランの母体の30周年プロジェクトの一環だそうです。 アグリらぼにとって30年後はどんな環境になっているのでしょうか。 異常気象が通常となり、ゲリラ豪雨などが頻発するような環境の中で野菜を栽培しているのでしょうか。 今夜からの雨が豪雨とならないように祈りながらそんなことを考えました。


 

順応」


今日は、労働環境の安全についての話を伺う機会がありました。 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市の担当である 西脇の労働基準監督署長よりのお話で、印象に残った部分が、 熱中症で死亡される方は新しい職場になってから7日以内に熱中症にかかっておられたという所です。 新しい環境で張り切って仕事をして、我慢してしまい、身体が慣れないままに 熱中症の魔の手にかかってしまうのです。 慣れない環境では、自身の身体をいたわることを忘れてはならないということを心に刻みました。 皆様もどうかお気をつけ下さい。


 

太陽の花」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市で、太陽の花が咲いていました。 大きな花を咲かせて必死に太陽を追いかけていましたが、今日は曇りがちの空模様。 梅雨らしい天気になってきました。 少し前と比べて温度は幾分ましになったとはいえ、 湿度が高く、熱中症の危険度は日増しに大きくなっています。 皆様も熱中症には気をつけてください。 適度な休憩とこまめな水分補給を行ってください。


 

夏先取り第二段」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市では、 雨が降っていますが、暑さも同時にあり、 湿気とともに不快指数は日々上がっています。 そんな中、昨日のひまわりに続き、夏を先取りしました。 かき氷の「塩焦がしキャラメル」 塩をまぶして食べますが、たくさんふりかけるほどおいしくいただけました。 熱中症対策にもなりますね。


 

巨大そろばんの下には」


以前もご紹介しました、木心ファーム「アグリらぼ」のある加東市のお隣の小野市にある 大きなそろばんですが、 地元の方には有名です。 しかし先日、そのそろばんに近づいて見ると、知らなかったことを見つけました。 それは… 明日に続きます。 ちなみにこのそろばんが指している数字は「2017」です。


 

そろばんがありました」


大きなそろばんの下にある、 大きなそろばんの珠、 の前に短いそろばんが… その名も祈願そろばん… はじいてきました。 「アグリらぼ産の野菜を多くの方に召し上がっていただけますように。」 この祈願そろばんは、 木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市のお隣の市の、 小野市役所の駐車場にあるので、 近くに行かれた方は、はじいてみてはいかがでしょうか。実際に珠は動きます。 ※2017年6月現在駐車料金はかかりません。


 

蒸し蒸しにシャキシャキを」


木心ファーム「アグリらぼ」のある兵庫県加東市の 今日の天気は雨のち晴れでした。 雨が降った後に晴れたおかげで、 暑さは耐えられるのに、湿度で耐えられず、エアコンのスイッチに手が延びます。 こんな蒸し暑い日の昼食に食べたのが、 アグリらぼ産のレタスが具として参加したシャキシャキ冷麺でした。 レタスのシャキシャキが、キュウリに負けない存在感を示しており、とてもおいしくいただきました。 シャキシャキレタスは夏にもってこいの食材です。 皆様も是非試してみてください。





閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

すべて表示